headband
HOME >> 食欲不振の症状におすすめの薬

おすすめの薬を紹介

食欲不振になる原因は、さまざまあります。
精神的なもの、疲労、年齢的なもの、病気の症状のひとつとしてあらわれているものなど、個人それぞれに原因があるものです。
できれば食事をきっちり食べて、健康状態を回復しようにも、食欲不振ですからそうもいきません。
そこで、ひとつの方法として市販薬や処方薬を使って、食欲不振を改善していく方法もあります。
食欲不振に効く薬についてみていきましょう。

テレビコマーシャルでも、見かけるときは多いですが、胃薬は食欲不振を改善する効果があります。
胃の不調から食欲不振にもつながりますので、胃の状態を整えることで食欲も回復できるのです。
太田胃酸、ビオフェルミン、キャベジン、新三共胃腸薬。
どれもお馴染みの胃薬ですよね。
これらには、しっかりと効能として食欲不振改善が見込めますので、一度試してみるとよいでしょう。
それぞれのお薬の用法・用量が決められていますので、しっかりと守って使用するようにしましょう。

また、こちらもお馴染みのものですが、疲労回復や滋養強壮の薬においても食欲不振改善が期待できます。
ユンケル、アリナミン、ゼナ、チオビタ。
疲れた体に栄養補給しながら、これらお馴染みの商品を飲んで食欲不振も改善しましょう。

市販されているもので、自分で積極に使用してみるのもいいですが、病院にいって処方される薬もよいでしょう。
食欲不振以外の症状についても含めて治療するためにも、担当医の指示に従って服用しましょう。
pagetop
Copyright(C) 2012 食欲不振の原因と対策ガイド All Rights Reserved.